緊張と緩和で様々な悩みを解決!仕事や恋愛にも役に立つ!?

Pocket
LINEで送る

緊張と緩和ですべてを解決!

営業の仕事や、プライベートの場面において緊張と緩和が大事になることがあるので、みなさま覚えておきましょう。

普段こわもての人がいいことをするとよりいいことをしているようにみえるのも緊張と緩和のひとつと言えるでしょう。

営業のトークにおいても大事な部分は重みを持って話す事が大事になります。

自分なりの緊張と緩和を見つけていきましょう。

人気者は緊張と緩和の名人!!

今人気のYouTuberはほぼほぼどなたも緊張と緩和をうまく使って動画を出しています。

店にあるもの全部買ってみた、祭りのくじ全部買ってみた、24時間跳び箱の上で生活してみたなど、緊張と緩和の連続です。

お笑い芸人さんも緊張と緩和で笑いをとってらっしゃいます

ボケとツッコミという文化は平安時代からある笑いで、そのころから緊張と緩和は使われていました。

大事な会議中に空気がピリッとしたなかで、場を和ます出来事が起こると笑い起こったりします。

子育てにおいても普段は楽しく子供と遊んでいても、怒るときは空気を変えてビシッと言わないといけない場面があります。

現代の日本においては常に緊張と緩和の連続といっても過言ではないでしょう。

緊張と緩和を上手く使うようにできれば、仕事もプライベートもバッチリです。

緊張と緩和の使い方

さてではどのように緊張と緩和を上手く使えるようになるでしょう。

まずは緊張状態を作り上げなければいけません。

特に簡単なのは、

真剣さ、怒りではないでしょうか。

この2つは緊張感を作るのに適しています。

自分の真剣さや怒りを相手に気持ちを込めて伝えれれば簡単に緊張状態は作れますし、それ以外であれば本心も入れての怒りは相手側をピリッとさせることができます。

その後に真逆の感情を表現すれば緩和が生まれます。

真剣さの真逆の感情はふざけるといったことでしょうか。

怒りの真逆の感情は、楽しいや哀しいと言ったところでしょうか。

話しの中に喜怒哀楽を散りばめて、緩急をつけて相手に伝えることが大事になります。

自分自身も喜怒哀楽が少ない方なので、特に大事な商談の際は、特に緊張と緩和について気をつけて話すようにしています。

皆様もプライベートや仕事において緊張と緩和を使いこなせるようになれば、明るい未来が見えてくると思います!

Pocket
LINEで送る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら