Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

悪口を言う人の心理や対処法とは?

Pocket
LINEで送る

悪口をいつも言う人々

世の中にはたくさんの人間がいます。そして多種多様な性格の人がいます。

一言目には悪口や文句を言う病気じゃないかと思う人がいます。

一体何のために不満や悪口を垂れ流してるのでしょうか、、、

今回は悪口や不満ばかりを言う人に対してどう対処していくか伝授します!!

スポンサーリンク


悪口を言う人の共通点

悪口を言う人にはある程度共通点があります♪

・暇な人

・プライドが高い

・劣等感が強い

・基本的に他人を見下している人

・他人と自分と比べる

上記に当てはまった人は危険信号です。

プライドやこだわりというのは、ある程度持っていたほうが人生うまく行きやすいケースもありますが、いきすぎると自己評価が高くなりすぎて、他人に対して「敬う」といった気持ちを持ちにくくなってしまいます。

当然視野も狭くなります。

自分よりできない(自分よりも下という感覚を持ってしまい)他人に対して悪口を言いやすくなってしまいます。

そばから見たら明らかに「嫌なやつです」気をつけましょう!!!

悪口で自分を守る!?

悪口を言うのは自分を優位に見せたい思いが強い人や自分をよく見せたいという気持ちが強い人が多いと思います。

同じ話題をするにしても、「私は甘い食べ物が好き」の一言も「私甘いものを食べるとすぐ太るから制限しているの。あなたは際限なく食べれていいわよね。」などといちいち相手を嫌な気持ちにさせるような言い方をします。

こういう言葉は女性が特に多いです。 

普段の自分の行動に気をつけましょう!!

スポンサーリンク


悪口を言うことで自分を守れる

人と仲良くなる時に悪口を言うことで、普段言えないことを暴露するような感じになり、親密感が増すことがあります。

共通の敵を作るのが連携を強化するには一番簡単な方法だからです!!

バイト店員同士が店長の悪口を言うことで仲良くなることがあるのもある意味、理にかなっています。

逆に悪口を全く言わない人は「何を考えているかわからない」と思われがちです。

悪口を言う事でと他人との関係を上手く構築しいじめに合わないように回避するケースもあります。

いじめに遭う人は悪口を言わない人がほとんどです。

他人の悪口は自衛策でもあるのです。

病気のように悪口を言う人をいじめると反撃がすごいですもんね。

ある程度悪口を言うことで自分を守るにはちょうどいいかもしれません。

スルースキル

悪口ばかり言う人と付き合っていると、精神的に疲れてしまいます。

職場などでいたりすると大変です!

そういう人との付き合い方を考えていきましょう!

・悪口ばかりだと周りの評価が低くなる。

毎回悪口ばかり聞かされているとうんざりしてきます。

それに伴いその周りの人もうんざりして気がついたら一人ポツンなんてこともあります。

必要最低限の会話だけをするようにしてあとは仕事に集中しましょう!

・聞き流す

悪口は聞き流すようにしましょう。

「ああ、そうなんですね。で、この件なんですけど、、」と無理やり仕事の話しに変更していきましょう。

段々話しても面白くないと思ってくれて言わなくなります。

ただ他で自分の悪口を言っている可能性が高いです。

そういう人は病気みたいなものなので、スルーするスキルを身につける方が精神的に楽になります。

ぜひこのスキルを習得してほしいです。

僕もこのスキルを身につけてから人生が楽になりました。

それまでは悪口にビクビクしながら、自分を守るために悪口を言っていましたが、そういう世界から抜け出せれると気持ちがいいもんです。

皆様も早く抜け出しましょう!!!!!!!

最後までありがとうがざいました!!!

スポンサーリンク


Pocket
LINEで送る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら