クリープハイプのメンバーの紹介とおすすめの人気曲とは!?

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク


今一番気になるバンドクリープハイプ

今僕が一番気になるバンドがクリープハイプというバンドです。

4人組のバンド編成となっていて一人づつご紹介させていただきます^_^

出典:yahoo.co.jp

ボーカル、ギター担当

名前:尾崎世界観   1984年11月9日生誕 (32歳)

本名:尾崎 祐介(おざき ゆうすけ)

名前の世界観の由来はライブ観覧者から「世界観がいいね」という曖昧な評価に疑問を感じて自ら世界観を名乗るという皮肉な性格が歌に出ててとても僕は好きです。

高校時代からライブハウスにでるようになり一度は就職するも一年ぐらいで辞めてアルバイトをしながらバンド活動を続けた。親には内緒で活動をしていた。

また小説「祐介」を出版しており小説家としても才能を発揮している

出典:yahoo.co.jp

ベース、 ボーカル担当

名前:長谷川カオナシ (はせがわかおなし) 1987年9月23日生誕 (29歳)

本名:北村新太郎(きたむらしんたろう)

本人の強い希望で芸名にカオナシという名前を使っている。長谷川も本名ではない。

ボーカルの尾崎世界観からみても変わり者らしい。

出典:yahoo.co.jp

ギター担当 

名前:小川幸慈 (おがわ ゆきちか) 1984年9月19日生誕(32歳)

ヒゲがトレードマークでストローハットをかぶっていて、クリープハイプ内でまとめ役的な存在。

出典:yahoo.co.jp

ドラム担当  

 名前:小泉拓(こいずみ たく) 1979年1月18日(38歳)

メンバー最年長で、小学生の時に夏祭りの和太鼓にハマったのがきっかけでドラムを始める。

何度もメンバーチェンジを繰り返し今のメンバーになる。

もともと違うバンドをしていたが尾崎世界観の才能に惹かれ集まったメンバーです。

スポンサーリンク


ハイトーンボイスの歌声

ボーカルの尾崎世界観のハイトーンなボイスとストレートな歌詞が特徴で演奏の技術も全員高いので、何回聴いても飽きがこないです。

初めて聴いた方ですとうけつけにくいという人もいますが、聴けば聴くほど味がでるスルメイカのようなバンドだと思います^_^

最近では、菅田将暉の主演映画「帝一の國」の主題歌を担当するなどしております

僕の個人的に好きな曲を何曲かご紹介したいと思います。

「二十九、三十」という曲です。

人間くさい歌詞と尾崎世界観の歌声がとてもいいです。

一番好きなところは行き場のない社会を短い歌詞で表現されてて、サビは前向きな所が好きです。

ぜひ聴いてみてください。

次の曲は「社会の窓」という曲です。

クリープハイプが有名になってきて尾崎世界観が周りからどう思われているかをありのままに歌詞にしてます。

歌詞の中にある

「曲も演奏もすごくいいのになんかあの声が受け付けない」

という部分は自分自身を屈折した見方で客観視して歌詞にして表現するところはすごい個人的に好きな所です。

他にもたくさん紹介したい曲がありますが、とくにこの2曲はおすすめですし、初期のころのも名曲がたくさんあるので、みなさま是非聴いてみてください(*^^*)

スポンサーリンク


Pocket
LINEで送る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら