赤ちゃんのパスポートの写真撮影方法は!?たった30円で撮る裏技!?子連れで安心海外旅行記

Pocket
LINEで送る

【子連れ海外旅行 準備編】

今回は子連れの海外旅行について書いていきたいと思います(*^^*)

子連れ海外旅行には賛否両論あるようですが、僕は賛成派です。

世界は広いので、色々な景色を見せてあげたい!

色々な場所で色々な経験をさせてあげたいと思っています。

スポンサーリンク


小さいうちは本人の記憶には残らないですが、感じた事は子供たちの中に残るそうです。
たくさん写真を撮って、少し大きくなったら見ながら話してみるのも良いかなと思います(^^)

何度も子連れ旅行をしていますが、いわゆる「子連れ様」にならない為に入念に計画を立てて臨んでいます( ̄^ ̄)ゞ
どんな準備が必要か具体的に紹介していきますね。

パスポート準備

赤ちゃんでも当然パスポートは必要です。

パスポートは申請してから受け取るまで日数がかかる上に、パスポート取得後しか航空券の予約ができない場合もあるので初めての海外旅行を計画し始めたら早めに申請しておきましょう!

赤ちゃんの場合、申請に必要な証明写真を撮るのがなかなか大変です。

大人が証明写真を撮る時は街中にある写真ボックスが一番手軽だと思います。
ですが、取り直しの回数が決まっていたり、椅子の高さが子供用ではないので子供の場合は難易度が高いです(><)

写真屋さんで赤ちゃんも撮ってもらえますが、慣れない場所で泣いてしまったりなかなか上手く撮れません(><)

スポンサーリンク


僕のオススメは、自宅で撮影です!
写真屋さんでも上手く撮れないのに無理!と思われがちですが、意外と簡単です♪

自宅で撮影する時、背景は真っ白じゃないとダメなので注意が必要です。

座れるお子様ならバンボや椅子を真っ白な壁などの前に置いて座らせ、正面から撮ります。
まだ座れないお子様の場合は真っ白なシーツの上に寝転ばせ、上から撮ります。

この時、顔の大きさは気にしなくて大丈夫です(^^)
気を付けるのは、髪の毛が目にかからないこと、カメラ目線になっていること、押さえる大人の手などが写り込まないようにすることぐらいです。

自宅の慣れた環境でパパママに写真を撮ってもらうと赤ちゃんも戸惑いが少ないですし、赤ちゃんのご機嫌に合わせて何度でも撮り直せるのが良いところ♪

撮った写真をそのまま現像してもパスポート申請には使えませんので、加工します。

証明写真の作り方

無料で写真を加工できるソフトがあるんです!!

僕が使っているのは「証明写真をつくろう!」というものです。

証明写真をつくろうはこちらをクリック!!

取り込んだ写真をトリミングするのですが、とても簡単で初めて使った時もすぐに証明写真が作れました(^^)

このソフトはもちろん無料
オプション機能のついた有料版もありますが、無料の方でも必要な機能はそろっているので十分です!!

このソフトで作成した証明写真を写真用紙にプリントしたら、申請に必要な証明写真の完成です\(^o^)/
自宅にプリンターが無ければコンビニや電気屋さんで30円程度でプリントできます。

証明写真作成にかかった費用は、コンビニ等で印刷してもたったの30円!!
写真屋さんで証明写真を撮ってもらうとだいたい1500円ぐらいはかかるので、節約にもなりますね(^^)

僕はこの方法で証明写真を作成して自分と子供たちのパスポートを作成しました。
証明写真のサイズは選べるので、嫁の運転免許証の更新の際もこのソフトを活用しました♪

スポンサーリンク


Pocket
LINEで送る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら