睡眠不足解消方法!昼寝、食べ物、グッズをご紹介!!

Pocket
LINEで送る

睡眠不足の解消法

理想の睡眠時間は年齢によって変わるうえ、個人差があります。そのため同じ時間眠っていても睡眠不足になる人とそうでない人がいます。

睡眠不足解消には自分に合った睡眠時間を知り、良質な睡眠をとることが大切です。

ただ自分に合った睡眠時間を調べる明確な方法はありません。日々の生活の睡眠時間を記憶して判断するしかありません。

例えば23時に寝て7時に起きる生活を一週間して日中に眠気が出るようなら1時間睡眠時間を延ばしまた一週間で眠気を検証する、眠くならなかったらそれが最適な睡眠時間と考えるのが目安になります。

感覚でこれだけ寝たら大丈夫とわかっている方もいるかもしれません。

パターン別に解消方法を説明いたします!

スポンサーリンク


入眠に時間がかから場合

寝る前にリラックスタイムを設ける

仕事や学校のことなどを考えたり脳が活性化している状況だと交感神経が活発になり寝るのを妨げてしまします。 寝る前にゆっくり落ち着いたゆっくりした音楽を聴くなどが脳がリラックスできていいです。

寝酒は控える

寝酒は寝付きは良くしますが、睡眠の質をさげてしまいますので、睡眠の3時間前には飲むのをやめてください。

寝る直前に食事はしない

寝る直前に食べてしまうと、睡眠後も胃の中に食べ物が残ってしまい、消化活動により、寝ていても身体が休まらないのでこちらも寝る前の3時間前には食事を済ませてください。

眠る前に水分をとりすぎない

寝る前に水分をとりすぎるとトイレにいくために目が覚めてしまうので、寝る前はトイレに行く習慣をつけましょう。

スポンサーリンク


就寝前

寝れない場合は起きる。

布団に入って寝れない場合は起きましょう。寝室でスマホを見たり読書をすると脳が寝る体制に入らないのでいっそ起きてしまいましょう。

基本寝室は寝る部屋としておいたほうがいいです。

また明日は何時に起きると強く意識すると不思議と目が覚める事がありますが、これは自己覚醒法といいます。

起きる時間を意識すると脳がコルチゾールというホルモンが分泌され身体を起こす働きをします。

起床後の工夫

起床後はすぐに朝日を浴びてください!!

セロトニンという物質を生成され夜にメラトニンという睡眠ホルモンに変わり夜によく寝れるようになります。

体内時計を整えましょう!!

快適な睡眠環境を

起きた時に身体がしびれたりする方は寝具があっていない可能性があります。

マットレスは身体が沈み込んでしまいよくないので適度な硬さのものを選びましょう。

カーテンは光の刺激を抑える遮断カーテンを選び日光を遮断しましょう。

どうしても睡眠不足が続く方は

仕事が忙しい。育児が大変などでなかなか睡眠の時間の確保が難しい方も多いと思います。

そういう場合は予防的仮眠をとりましょう。

基本的には起床して8時間後あたりから眠気が徐々に多くなってきます。

その前に5分でもいいので目を閉じて身体を完全にオフにする。

目を閉じるだけでも眠気の解消には効果的です。

逆に長過ぎると余計に眠くなることがあるので15分程度に留めましょう。

僕も仕事が忙しく寝不足続きですが、昼に目をつむる時間があるかないかで身体の疲れ具合が全然違うので皆様お試しください!!

スポンサーリンク


Pocket
LINEで送る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら